交通事故で慰謝料を引き上げる3つの方法

###Site Name###

交通事故で慰謝料を引き上げる方法は、3つあります。

1つ目は、過失割合を下げることです。

相手側の保険会社が過失相殺を主張して加害者の過失の割合を下げるように言ってきます。

これは、被害者に過失がある場合に加害者の負担を抑えるためです。
そのため、被害者はその主張に対して反論することで妥協案を引き出して、保険会社の主張を鵜呑みにする場合よりも結果として慰謝料の引き上げになります。

2つ目は、過失割合を10対0にしてもらうために車の修理費用を代わりに支払う方法です。

この方法では、慰謝料への影響が大きい過失割合を0にすることで、引き上げることができます。

相手側の保険会社としても車の修理費用を出さずに済みますので、会社としては妥協しやすいからです。
3つ目は、後遺障害認定を受けることです。



この認定を受けられるかどうかで金額に大きな違いが出てきます。

ロケットニュース24のサービスを安定して提供できるよう取り組んでまいります。

認定を受けるためには症状固定を行ってから申請します。
また、等級に応じて後遺障害慰謝料と逸失利益などを請求できます。

この際、相手の保険会社に手続きを一任しないようにしましょう。

保険会社は営利企業であることを考えれば、裁判で認められるよりも下回るようにするといった会社に有利になるように手続きを終えることは当然のことだからです。

そのため、保険会社から要請が来た場合は交通事故に詳しい弁護士などの専門家に相談すると良いでしょう。保険会社との直接交渉が難しいという場合は、交通事故に詳しい弁護士に相談するのも良いでしょう。