死亡交通事故における慰謝料と受取る方法とは

###Site Name###

交通事故の場合の損害内容には死亡事故、障害事故、物損事故の3つに分類することができますが、それぞれに被害者に対しての損害賠償金が発生することになります。

損害賠償金の中の1つに慰謝料がありますが、通常、ここでの補償金は障害事故における被害者に対して支払われるものとされています。


しかし、死亡交通事故の場合には、亡くなってしまった被害者固有のものと、被害者の近親者に対してのものとの2つの慰謝料が生じることになり、ここには、それぞれに加害者に対しての請求権が生じることになります。



亡くなってしまった被疑者固有の場合には、本来は被害者本人に発生するものですが、被害者本人はすでに亡くなってしまっているために、ここでは、相続人が請求権を得ることになります。

エキサイトニュースに関して最新情報を教えます。

次に、被害者の近親者に対しての場合には、交通事故で被害者が死亡したことにより親族も精神的苦痛を負うことから慰謝料の請求権が生じることになります。

ここでの請求できる親族としては、被害者の父母、配偶者または子供に限られており、養父母や養子、また、認知をした子供や胎児に関しても、その対象となります。
補償額の算定基準としては、通常の入通院などの場合と同様に、自賠責によるもの、任意保険によるもの、裁判基準によるものの3つがあり、裁判基準での算定が大きな補償額となります。



慰謝料の受取りに関しては、加害者が任意保険に加入をしている場合には保険会社が窓口となって受取ることになりますが、加害者が任意保険に加入をしていない場合には、自賠責保険会社に直接請求をすることで受取ることができるようになっています。